ゼミ!?

新聞の広告で面白そうな本を見つけた。

「素数ゼミ」・・って勿論、数学のゼミじゃない。

み~んみんのセミのこと。13年、17年ごとに大発生するセミのお話。

素数ゼミの謎

『素数ゼミの謎』 吉村 仁 (文芸春秋)

何故大発生するのか、何故素数なのか、何故13年、17年なのか。

謎は太古の昔、氷河期に遡る。

読めば読むほど生物の進化に、力強さと不思議を感じる。

偶然であったものが、必然になって、ベターがベストに近づいてくる。その過程のなんと壮大なこと。驚きだ!

印象的だったのは、氷河期、古生物学では「レフュージア」と言われる場所の存在。

地理的、気候的に過酷な条件を逃れた待避地で、そこで生物が生き延びたという。

なんだか、サンクチュアリというか、ノアの箱舟を連想した。

分かりやすい文章と、元気なイラストが沢山入っていて30分もあれば読み終わる。

昆虫好きの息子がいたら、即購入かも。