挑戦するための花

去年描いたトケイソウをHPにアップした。今見るとアラばかりが目立つが、まあしょうがない。

私は、この不思議な植物が大好きだ。

複雑で奇妙な形は、一見すると気持ち悪いほどの造形だ。

朝ゆっくりと大きな蕾が開くのを見るのも面白い。

植物も動物のように動くことを、如実に感じることができる。

また、露を留めた開きたての白い花弁は、神秘とはこういうところにあるのだ、と示しているように思える。

トケイソウを目にした欧米人は、この不思議な花をパッシフロラ(パッションフラワー)「キリストの受難の花」と命名した。

f:id:kyou2:20050404202303:image

彼らは、糸状の副花冠をキリストのイバラの冠に、雌しべは3つの釘に、雄しべは5つの傷跡に見立てた。

キリスト教徒ではない私にとっては、まことに恐るべき想像力としか言いようにない。

しかし私もトケイソウにじっと目を凝らすと、この花の小宇宙に引き込まれ、心は曖昧模糊となる。

見ても見ても分からない・・。私にとっては、そんな花なのだ。

私の描いたトケイソウ(カエルレア)は、朝咲いて、その日につぼんでしまう。

力不足で、複雑な構造がなかなか描ききれない。

たぶん植物画を描いているうちはずっと描き続け、格闘しているだろう。

どこかで、トケイソウの不思議は不思議のままでいて欲しい、とも思っているとしても・・。

挑戦するための花” に対して1件のコメントがあります。

  1. サリー より:

    はじめまして。足跡からやってきました。
    私もトケイソウの不思議な花の構造に魅了されています。
    以前植物画を描いてみましたが、kyou2さんのようには上手く描けませんでした。kyou2さんの絵、本当にすばらしいです!

この投稿はコメントできません。