身から出た錆

ミランダ殺し (創元推理文庫)

『ミランダ殺し』 マーガレット・ミラー/著  柿沼瑛子/訳 (創元推理文庫)

ペンギン・クラブは、カリフォルニアにあるビーチクラブ。そこには暇を持て余した上流階級の人たちが集う。

匿名の中傷文を書くことが生きがいの老人、ヴァン・アイク。

孤独な悪ガキのフレデリック。

ひねくれたオールドミスの姉妹、コーディリアとジュリエット。

若返り治療にはげむ未亡人のミランダ。

軽薄な女たらしのプール監視員、グレイディー。などなど。

夏の日差しが退屈な一日を一層ぐったりさせるような、そんな日常が続いていた。

一方、ある弁護士事務所では亡夫の遺言を検認のために、ミランダのサインを必要としてるところだった。

彼女との連絡がなかなか取れず、困った事務所は新米弁護士のアラゴンをペンギン・クラブに調査に向かわせた。

そんな折、ミランダとグレイディーの二人が失踪していたことが明らかになる‥‥。

ちょっと嫌味の効いた会話や巧みな人間描写を楽しみつつ、読者は意外な方向へと導かれていく。

過激な言葉や修羅場があるわけでもなく、どちらかといえば淡々と毒を吐きあっている風で、何となく物足りなさも感じるが、こういう大人の味わいも悪くないかなぁ、と。

マーガレット・ミラーを続けて4冊ばかり読んでいるが、この作品が一番後に書かれたもののようで、推理小説の名手が余裕で書いたといった感じ。

ペンギン・クラブに集う人たちといえば、人間の様々なバリエーションを持った愚かさや弱さの品評会のよう。

それを没個性的なアラゴンの目を通してみていくのだが、とりわけミランダの愚かさは哀れを通り越して滑稽に映る。

彼女の愛はあまりに幼稚で、あまりに現実が見えていない。

愛する対象が到底愛するに値しないものの場合は、傍から見て滑稽にしか思えない。

可哀想だとは思うがミランダには全て「身から出た錆」という言葉がぴったりだ。

全編を通して悲劇か喜劇か分からないのだが、ラストは何とも皮肉なもので、何となくありがちのように思えるのが恐かった。