過激にしてエレガント

『日本の歴史を読みなおす』 網野善彦 (ちくまプリマーブックス)

『続・日本の歴史を読みなおす』 網野善彦 (ちくまプリマーブックス)

あとがきによると、本書は著者が筑摩書房の方たちに話した内容を編集したものだそうだ。語り口が優しく、とても読みやすい。

しかし、著者の日本史観は実に刺激的で大胆だ。今まで習ってきた日本史とは一味も二味も違う内容に、読むなりグイグイ惹きこまれた。

以前から「網野史学」という言葉を聞いたことはあったが、何やら難しそうで読んだことはなかった。本書は初心者向けだと思うが、その魅力は十分に伝わってきた。

「過激にしてエレガントな歴史入門」―そんなサブタイトルが浮かんでくるような本だった。

『日本の歴史を読みなおす』では、『異形の王権』の内容にもあったが、「畏怖と賤視」ケガレについてが興味深かった。東日本と西日本とのこの問題についての相違も納得できるものがあった。

また、そもそも「日本」という国号についてや、「職の体系」の長としての天皇、また未開の神聖王としての側面など、なかなかに複雑な存在を私たちは象徴としていただいているのだと改めて認識。

『続・日本の歴史を読みなおす』では、まず、現在の百姓=農民というのは間違った認識である。というところから始まる。

何故そのような認識が広まったのか、また文献に見られる「百姓」の実態はいかなるものだったのかなど、事実を明らかにして新たな歴史の見方を教えてくれる。

上記の二冊をまとめた文庫

『日本の歴史をよみなおす (全)』 網野善彦  (ちくま学芸文庫)