どうしようかなぁ。

ベランダのゼラニュームにわりと大きな青虫がいる。

青虫って最初糞が落ちているのに気がついて、その上をジ~ッと目を凝らして点検すると…

あ~いるいる!ってことになる。

そうしていつもは、ブチッと殺すのもいやだから、何となく最期を見ないような形で死んでもらう。

その青虫も1週間くらい前から気付いていたけれど、なんか殺しちゃうのも可哀想な気がして殺せずにいる。

恐る恐るの観察していると、ソイツは順調に育ち、当然葉っぱは無残な状態に&糞もボコボコ大きくなってくるし。

今年はいつもよりアゲハチョウが沢山来るような気がする。

夢のように優雅に飛び、花の蜜を吸ってまわるアゲハチョウはとても綺麗だ。

元青虫の美しい彼らはウエルカムなのに、現青虫のソイツラはあんまりオヨビじゃない。

出来たら他のところで青虫やってきてから、来て欲しい。

勝手なもんだ。

いいとこ取りなんて、正に虫がいい話ですよ。

若冲の虫図の影響か、どういう仏心か知らないけれど、一匹くらい見逃してやってもいいかなぁと、思ったわけで・・・。

ゼラニュームも増えすぎて一鉢ダメになってもいいと、諦められるせいもあるけどね。

で、青虫クンあなた、アゲハチョウになるつもりの方だよね。

…・・そう思って、嫌な予感はしたけれど、「アゲハチョウ 幼虫」あたりで検索してみた…・

画像が出そうな気配アリアリのサイトを見てみたー!!

な・なんか黒くて青くないじゃん。アゲハの幼虫ってこんなの?

なんか分らなくなって、「キアゲハの幼虫」とか書いてあるのをクリック…・

「うわ~!」ほんと画面見て叫んだ。キモイよ、キモスギルよ!

もう絶対見ない。あの青虫が何でももう絶対見ないッ。

あ~、明日も水遣りの時に、いるんだろうな。

どうしようかなぁ。そのままにしておこうか、それとも…・

あ~、うまいこと雨か風でどっか行ってくれないかなぁ。

どうしようかなぁ。” に対して1件のコメントがあります。

  1. kyou2 より:

    >ワインさん
    >アゲハはミカンやカラタチやサンショウなどにつきますし・・
    おおっ、流石によくご存知なんですね!
    シャクトリムシか~、結構大きいんでなんか綺麗なものかと・・
    う~ん、感動ですか。私はまだまだ修行が足りません。
    植物画でも虫が描いてあるのあるじゃないですか、メーリアンとか素晴らしいので、尊敬しているのですが、ああじゃなきゃいけないと思っているのですが。
    やっぱりダメだわ。

  2. ワイン より:

    ゼラニウムにつくのは、アゲハの幼虫じゃなくて、たぶんシャクトリムシだと思いますが。シャクトリムシは、大人になると蛾になります。
    アゲハはミカンやカラタチやサンショウなどにつきますし、キアゲハはニンジンやルウ(ハーブ)につくようです。3れいまでは色は黒っぽく、それ以降に脱皮して緑色になると記憶しています。
    蝶や蛾の幼虫って、気持ち悪いと思うでしょ?でも卵からそだてるとかわいいものです。さなぎになってやがて蝶に羽化すると、本当に感動します。
    ゼラニウムについた虫は、私の場合、すぐに箸でつまんでベランダの外にポイですけどね。

この投稿はコメントできません。