龍と独鈷

龍の棲む日本 (岩波新書)

『龍の棲む日本』 黒田日出男 (岩波新書)

中世の人は日本の形(日本地図)をどのように認識し、いかに描いていたのか。

江戸時代以前の「行基図」(行基式「日本図」)というのがそれにあたるという。その中の一つに金沢文庫本「日本図」がある。

(#10~#12)金沢文庫本「日本図」 (#15)「独鈷」

http://www.nichibun.ac.jp/~senda/japan.files/frame.htm#slide0005.htm

何やら鱗が見える長いものに囲まれたのが、「日本」さらに囲みの外にも様々な国のようなものが描かれている。

この鱗を持つ途方も無く大きなものの正体は?

察するに、これが龍でしょ…ということになるが、コトはそれほど単純ではない。

先ず日本の龍は3つ要素がミックスされたものだという。

一つ目は中国の陰陽道の龍、二つめは仏教(密教)の龍王・龍神信仰、三つめが日本の「蛇」(オロチ・大蛇)

・・そういえば、古墳壁画の青龍は西洋のドラゴンに近いし、安珍・清姫で、清姫が大蛇に変身と言うがアノ顔はどうみても龍だ。

では龍はどこに棲んでいたのかというと、龍穴・人穴・風穴などに棲んでいた。そして穴は地下で互いに通じ合い、また海・湖・滝・河川とも繋がりあって巨大な地下世界をつくっていたという。

龍は国土を守護するものであったり、降雨・地震・天変地異に関わるものであり、黒雲と共に現れる雷神であったりした。

話が前後するが、もともと行基図に描かれた日本の国土は、長細い形をしている。

『渓嵐拾葉集』という書物には、日本は独鈷(密教の法具、細長く手に握れるほどの大きさ。もとインドの武器)の形をしていると記されているそうだ。

中世の宗教思想が生み出した日本国土=独鈷のイメージは単にそれにとどまらず、独鈷はシンボリックなものとして展開していく。

<日本>=独鈷=(国生みに使われたもの)天逆鉾=金剛の宝剣=天御柱=大日の印文=神璽=国図=…・

著者は中世人にとって、聖なる存在は同体であった。と述べている。

「A=Bである」と唯一断定せずに、並列しイメージを増殖させていることは本当に興味深い。

なんと言うか私は、気の短い性質なので普段つい、「だから結局何なの?」とか「物事、はっきり言わなきゃ分らないじゃない」などと言ってしまう。

実にまったくもって、バカだ。

単純化して断定すれば本質が見えるかといったら、そうじゃないのだ。

変幻自在というか、融通無碍というか、上手くいえないがそういう分らせ方もあるのだと教えられた。

さらに『日本書紀巻一聞書』では、国中柱も四つの説があり、鹿島の動石(ゆるぐいし)、伊勢大神宮などの記述があるという。

著者はこのことを、どの言説も他の言説を否定するわけではなく、並列・並存、ゆるやかに緊密に多中心的・多元的なネットワークをつくりあげているとしている。

つくづく日本的だなぁと思う。中心が沢山あっても争わない。

今の世の中、こういう視点に立たないと平和にやっていけないような気がする…。

行基図の系統に属する「大日本国地震図」というのがある。

日本をぐるりと龍が囲み、その龍をしっかりと要石(かなめいし・これも独鈷)が押さえつけている。

そしてなんと龍は自分の尾を飲み込んでいる。…これはウロボロス!

駄文がこれ以上長くなっても、正にキリが無いのでこの辺で。

龍と独鈷” に対して1件のコメントがあります。

  1. kyou2 より:

    >みちこさん
    >小学生のとき、独鈷が欲しくて堪らず、2本手に入れましたが、
    う~ん、流石というかなんと言うか。
    本によると、独鈷=日本、先が三つに分かれているのが三鈷=中国、五つに分かれているのが五鈷=インドだそうですよ。

    >なぜ龍は玉を好むんですかね
    龍顔が帝、王の顔というように龍は王の象徴、玉も王の象徴なのではないでしょうか。

    >龍から一つの大きな玉を盗むんですよ。
    何の玉なんでしょうね。翡翠は中国っぽいかな。ラピスラズリ?水晶?色々ありますね。

    この本には、たくさんの参考文献が記載されていて、読みたくなるような本ばかりありました。

  2. みちこ より:

    日本の形が独鈷の形というのは驚きました。似てないと思うんだけど。。。タツノオトシゴに似ているから、その連想で竜が出てくるのかな?と思ってました。
    小学生のとき、独鈷が欲しくて堪らず、2本手に入れましたが、あれは握っていると、安心するんですよ。
    様々な説が並列している世界の理解というのは、人間の器が大きくないと、受け入れがたいかもしれませんね。
    日本は、よく龍が見られる土地ですが、そういえば、なぜ龍は玉を好むんですかね?中国から来ている感覚なのでしょうが。
    西洋では、黄金を好むとされていますが、『指輪物語』で有名はトールキンの書いた、前振りの『ホビットの冒険』という小説では、ホビットのビルボは、龍から一つの大きな玉を盗むんですよ。それが、龍の一番の宝物なんです。不思議な符合ですね。

  3. kyou2 より:

    >ワインさん
    >『龍が出てきたらどうしよう』・・・
    畏れたり出現を待望したり神聖な存在ですよね。
    小学校のとき『木龍うるし』というのあったのを思い出しました。
    あれも池?湖?に木で作った龍を沈めるんでしたよね。
    世界中に龍のイメージがあって、羽が生えて鳥のようになるもの、足が無くなって蛇のようになるもの、ホント面白いです。

  4. ワイン より:

    日本は龍にぐるりと囲まれていたっていう発想(信仰?)なんだかとても親しみを感じます。龍は守り神みたいなものなのかしらね。
    龍穴、人穴、風穴に住み、それらの穴は地下で通じ合って巨大な地下世界を作っていた、というのも神話的でダイナミックで、なんだか魅かれます。
    昔の人は富士山の風穴など、きっとおそれていたでしょうね。山の中の天然の洞穴なんかも、『龍が出てきたらどうしよう』なんてびくびくしてのぞいたりしたかも。

この投稿はコメントできません。