風流の来歴

ISBN:4480010238

『無用者の系譜』 唐木順三 (筑摩叢書23)

「その男、身をえうなきものに思ひなして…」

伊勢物語の業平は自らを無用者とし、京を離れて東へ下りそこから、京に思いを馳せた。

京にいて雅にひたるのではなく、観念の世界で「みやび」を遊ぶ。

風流の風をいわば脳内に吹かせることによって、よりいっそう風雅に浸った。

著者は旧来には無かったこの観念世界の誕生を業平体験と言い、この体験なくして「もののあはれ」も、「みやび」もないとしている。

無用者のはじまりである・・・。

その系譜は業平から、一遍の先達や周辺の禅僧、芭蕉をはじめ江戸の俳諧師、徂徠門下の儒者、多くの文人墨客が連なり、明治の永井荷風へと続く。

捨てさり、外れ、逸脱し、自らを無用者として自覚して、実は果敢な行動者であると思う。

凡人は自分が世の中にある意味を探し、生きる目的を探し、利を求めるが、無用者は埒外にある。

その次元を超えたところに風狂、風流の世界が広がるのだろう。

上田秋成の世の捨て方は、興味深かった。

現世から一段下がるフリをして、上からものを言うのはよくある。

けれど、彼の場合は浮世から横っ飛びして、上でも下でもない幻想の異界へ身をおいた。

秋成は隠棲はしていてもひどく人間的で、宗教的なものも無ければ現世否定もなく、最後まで自己というものをもっていたと著者は言う。

孤独だけれど人間的で、善悪の世界ではなく美の世界に生きた、なんとも魅力的だ。

この無用者の系譜に女性はでてこない。

ある意味子どもを持つ女性は、執着の塊なのかもしれない。無用者にはなりえない存在と思う。

無用者が同時に、日本の芸術・文化の優れた体現者であることは間違いない。

少なくとも今までの歴史において芸術・文化が男性中心であったことの理由が分るような気がした。

風流の来歴” に対して1件のコメントがあります。

  1. kyou2 より:

    > Yadayooさん
    > 若い頃はそのとおりだと思っていました。
    > でも最近はそう当てはまらない人もいるなぁ、と思うことも多いです。

    そうかもしれませんね。何でも単純に分類できるものではありませんね。
    一遍のことが本に出てくるのですが、あれも捨て、これも捨て、捨てる気持ちも捨てるんですね。
    このあたりYadayooさんもblogで書かれていましたが。
    凡人にはとても一切は捨てられないと思うので、人生、捨て方十人十色だなぁと思いました。

    あと、印象に残ってたのが・・・
    芭蕉が死際詠んだ「旅に病で夢は枯野をかけ廻る」を下を「なおかけ廻る夢心」にしようか迷ったそうで、
    生死の一大事を前にしてかかる妄執を悔やんだ。 とありました。
    凄まじい生き様で、見事な最期と思いました。
    これに対して唐木順三がまたスゴイ。
    「芭蕉は捨聖ではない。此一筋だけは捨てえないところにゐた。しかし、一切を放下しようとする、
    俳諧までを妄執とする、さういふ危きところでよく遊んだといへよう。」
    ビシッと言い放っているのが、近頃こういう書き方をあまり読んでいなかったので、爽快でした。

  2. Yadayoo より:

    無用者と芸術の関係は、興味深いですね。
    すこし逸れてしまうかも知れませんが、ふと思い出したのは、
    トーマス・マンの短編小説です。大分前に読んだもので題名も忘れてしまいましたが、
    「銀行員と芸術家の精神が、同じ個性の中には共存できないのだ」という表明がとても印象に残っています。
    堅実で健全なる生活者の銀行員と、生活自体を破壊してまで美を追求する芸術家や小説家とは、対極にあるのだという内容だったと思います。
    この辺は、自分でも大変興味あるところです。
    若い頃はそのとおりだと思っていました。
    でも最近はそう当てはまらない人もいるなぁ、と思うことも多いです。
    やはり変なコメントになってしまいました。

この投稿はコメントできません。