月が好き

この頃月が大きく明るくてきれいだ。そういえば中秋の名月かな。

秋風に たなびく雲の たえ間より もれいづる月の かげのさやけさ

昔、どうして月影が月光なのか分からなかった。

今は何となく分かる気がするな。

Aの存在を際立たせるのは、Bの存在があるから。

Bがあるから、Aがあるという感じ方、考え方。

moonlightに比べて大人びてないかい? 月影は。

本当はどうだか知らないけれど、好きだなこのことば。

強い影には、強い光。

そうそう、だから私はあんまり明るすぎる人は恐いな。

とても闇が深そうで。

どの作家だっけ、もっとお月見を流行らせようなんて言っていたの。

人間が月へ行くようになってから、月の神秘が薄れてお月見が廃れてきたそうな。

月を眺めながら、旅館で日本酒なんてね・・・あ~最近ご無沙汰ですわ。