青に染まって

青の美術史 (平凡社ライブラリー)

『青の美術史』 小林康夫 (平凡社ライブラリー)

「青」という色の意味、オリエンタルな青、キリスト教の青から、個々の画家における青についてまで、興味深い考察が続く。

画家は、ジョットからフェルメール、セザンヌ、マチス、ピカソ、ポロック、イブ・クライン等々。

青は人間の精神の色だ、と思う。

空であっても、海であっても、手で掬えばそこに色はない。

無いものの色、無限の広がり。それは人間の心と同じだ。ある意味、人間を象徴するの色とも言えると思った。

恥ずかしながら、知ったこと。

私はずっと、「ウルトラマリン・ブルー」を、ものすごく深い海の青、究極の青みたいな言葉の意味にとっていた。

わわっ、トンダ勘違いだった!ウルトラマリンは、西洋世界からみて、高価なラピス・ラズリの青が「海を越えて」やってくるという意味の「ウルトラマリン・ブルー」

無知と思い込みは恐ろしいものです・・。 

青に染まって” に対して1件のコメントがあります。

  1. rira_rira(SORA) より:

    わたし、この本是非とも読みたいです。
    (一部「セザンヌの青」の所をどこかで抜粋されていて読んだように思いますが。)
    「キリスト教の青」もちょっとになりましたので。楽しみ。
    紹介してくださって感謝です。

この投稿はコメントできません。