《ヤマアジサイ》

 毎年6月の上旬、横浜スタジアムのある横浜公園で「横浜開港記念バザー」という催しがあり、そこには神奈川の物産や全国のご当地グルメ、衣料、雑貨など種々雑多なお店が出ています。その中でも昔から地元の植木屋さんによる植木市が人気で、モチーフ探しにときどき足を運ぶことがあります。

今年はそこでヤマアジサイを見つけ、楚々とした風情に「これは描きたい!」と即決。他には花弁が斑入りになっている赤いバラも買いました。バラは花が終わり加減でしたので、今秋か来春に描ける花が咲いてくれればと育てている最中です。

まあ、そんなこんなでヤマアジサイが仕上がりました。前回のサクラとは違って手元にモチーフがあるので植物の雰囲気が掴みやすかったです。植物をよく観察しながら描くのは楽しいですし、必ず驚きがありますね。

f:id:kyou2:20180619185902j:image:w450

《ヤマアジサイ》部分

ヤマアジサイはガクアジサイのように萼が花弁に見える装飾花が周りを囲み、中心部に真花(両性花)が集まっています。

両性花は小さいですが、よく見ると花としての要素の萼、花弁、雌しべ、雄しべがあって、ちゃんと一つずつ咲きます。ですからこういうタイプを描く時は中心部のこの両性花が咲かない粒粒の蕾のうちに描く方が簡単ですね。全部咲いたらそれこそ手に負えなくなってしまいそうです。

私が描いたヤマアジサイは両性花の量がやや少なく、買った時には花弁が既に落ちて萼と雌しべだけが残っている状態のものも多く見られました。

葉はアジサイに比べ厚みがなく、薄くて細長いです。そこに繊細な野趣を感じるのかもしれませんね。

今回はごく控えめに根元を描いて、野山にある感じをチラッと出してみました(笑)

 作品はこちら→《ヤマアジサイ》

 《ヤマアジサイ》” に対して1件のコメントがあります。

  1. kyou2 より:

    >ゴンベッサさん
    山でよく見かけられたとの事、羨ましいです。セッコクは昔描いたものがありますが、お寺の木に人工的に付けたものだと思います。自生している物は見たことがありません。

    認証文字とアマゾンのCMの関係でご不便をおかけして申し訳ありませんでした。
    あらためて認証文字を確認しました。スパム防止のために初期設定で入っているものなのですが、防止にはなると思いますが見づら過ぎるのではと思いました。そこで、試験的に認証文字をなくしてみて不具合がなければそのまま無しで行こうかと思っております。
    自分ではログインしてしまうので、認証文字は出てこず気付くこともありませんでした。ご指摘していただき有難うございました。これからも宜しくお願いします。

  2. ゴンベッサ より:

    文が途中なってしまい済みません画像認証文字が
    アマゾンのCMで一文字隠れてしまい上手く出来ず
    切れてしまいました。
    よく山でセッコクを拾ってくるのですが
    花は高い所で望遠レンズないとよく見られない
    所で咲いて居ます。
    しかしヤマアジサイすてきな雰囲気です。

  3. ゴンベッサ より:

    この季節アジサイを描く方がけっいこういますね
    同じ描くならヤマアジサイの方が数倍良いと思います。
    昔仕事で山に入った時よく見かけましたが

  4. kyou2 より:

    >ワインさん
    私も一目惚れでヤマアジサイを買ったものの、ベランダでは難しいかもしれませんね。最近は夏がどんどん熱くなって冬越しより夏越しが大変なくらいです。

  5. ワイン より:

    ヤマアジサイ、楚々としてみずみずしく素敵です!今、マンションの敷地内でもアジサイがたくさん咲いていて、梅雨も良いものだなあと思います。ヤマアジサイは一度買ってきたことがあるのですが、育てるのが難しくて、地植えにしたものの枯れてしまいました。園芸種のアジサイはほっといても水さえあげれば元気なんですけどね。

この投稿はコメントできません。