《バラ》

 真っ赤な‘オマージュ・ア・バルバラ’というフレンチローズを頂いたので描いてみました。

バルバラというのは有名なシャンソン歌手の名前だそうです。

f:id:kyou2:20160628175142j:image:w360

《バラ》部分

花は中輪ですが深みと存在感のある赤だったので、薄っぺらい感じにならないように心がけました。画像で見ると少し黄色が強く見えますが、原画の色はもう少し落ち着いています。

今回の作品は、八切くらいの小さめの額に入れてマットの装飾(アンカードルモン)をするつもりです。これからマットを作って額装が仕上がったらご紹介できたら良いなと思っています。

作品はこちら→《バラ ‘オマージュ・ア・バルバラ’》

 《バラ》” に対して1件のコメントがあります。

  1. kyou2 より:

    >ゴンベッサさん
    この頃いただきものばかり描いてます。本当に有り難いことです。
    赤は下塗りで色味が強く深みが出るので、下塗りは大切かなと思います。
    色々なランを沢山お持ちで、私からすれば「大変羨ましい!」としか言えませんよ~(笑)
    常に2,3枚というのは凄いです、そうですね、実物を見ながら描くと言うのが何よりですね。

    今回は小品だったので割りと早かったです。アジサイもそれほど大きくありませんでしたがあれは時間がかかりました~。

  2. ゴンベッサ より:

    花一輪でも凄く存在感が有って見とれてしまいました。
    やはり色なのかな、薄い橙色に赤を被せた様な感じをうけました。
    バラやはり良いですね~、一度挑戦して見たいとは思うのですが
    次々蘭の花が咲いてくるのでなかなか描く事が出来ません。
    常に2~3枚手がけて居るのですが花の終わってしまったのは
    後回しでなるべく花が咲いているのを先行させています。

    今回アジサイからバラ早かったですね、のっていますね。

  3. kyou2 より:

    >momijiさん
    山田道恵さん、お友達と呼ばせていただくのはおこがましいかと。mixitつながりで個展に来て下さいました。
    最近はご無沙汰しておりまして申し訳ないです。
    山田さん、とても華やかで素敵はバラをお描きになりますよね。

  4. kyou2 より:

    >きよぴーさん
    個展の時にマットに模様を入れて、結構面白いなぁと。
    おっしゃるように、如何にもボタニカルっぽくクラシカルにしてみたいです。

  5. momiji より:

    花びらがとても重厚な雰囲気の薔薇ですね。一輪でも存在感のある真っ赤なバルバラ!額装が楽しみです。

    以前、山田道恵さんの「美しいバラを描く」というボタニカルレッスンの本を購入しました。
    とても丁寧に描かれたバラの絵の数々に見入っていました。
    山田道恵さんってkyouさんのお友だちだったのですね。

  6. きよぴー より:

    一輪でもその圧倒的な存在感。
    バラってやはり特別な花ですね。
    額装、どんな仕上がりになるのでしょう~♪
    クラシカルな額装も似合いそうですね。

  7. kyou2 より:

    >mapleさん
    花弁はコクのある感じにしたかったので、ちょっと塗りこんだ感じになりました。葉は割りとあっさり気味です。

    レオナルド・ダ・ビンチ、浮かぶ画像はあのひげのお姿ですね。ネットでバラを見てみると描きたくなるような良いバラですね!なるほど、モナリザの方が良いかも(笑)

  8. maple より:

    一輪だけでも華やかですね(≧∇≦)
    歌手の名前がつけられているんですね。
    私の鉢バラ、レオナルドダビンチですよ。ピンクでかわいい子なのに(~_~;)
    ヒゲのおじいさんではやくモナリザってつければ良かったのにな~(笑)

この投稿はコメントできません。