《プラム》をアップしました。

JGSボタニカルアート展で大賞をいただいた《プラム》が返送されてきたので、HPにアップしました。

作品はこちら→《プラム》

展覧会へは、最終日の10月25日に家族と母の4人で行ってきました。

沢山の人がいらっしゃっている中、自分の作品の前で表彰状をいただくのは、流石に恥ずかしかったです。

見に来てくれた友人と偶然出会い、何年ぶりかで話せたのは嬉しかった。

会場では、一つ一つの作品をじっくり見ました。

実際に作品を見ることが、私には一番の勉強であり、楽しみでもあります。

沢山の作品を見て改めて思ったのは、当たり前のことですが、植物画にはボタニカルの部分とアートの部分があるということです。

そのバランスが作品の質と個性を決めていると思います。

植物を正確に描くという大前提を、ある種の「縛り」と感じるか、何も考えずに心行くまで描写できる「自由」と感じるかは、大きな違いです。

植物の美しさと神秘に興味を持ち続けていれば、描く楽しみは尽きることがないと思います。