「ヴィルヘルム・ハンマースホイ展」

絵の静けさに惹かれてハンマースホイ展を見てきた。

ヴィルヘルム・ハンマースホイ(1864-1916)。自宅の部屋と妻の後姿ばかり描いていたデンマークの画家だ。

名前も作品も知らなかったが、公式HPで興味深い紹介をしていたので、是非見たいと思っていた。

当日は先に「フェルメール展」を見て、次に「ハンマースホイ展」に足を運んだ。

同じように室内を描いた作品が多いけれど、画家が描きたかったものがまるで違っていて、今、その違いを思い返してみると、それぞれの良さが一層際立つように思える。

フェルメールやハンマースホイの作品をどちらも「静か」「静謐」という言葉で表わされることが多いが、実際に両者を比べてみると、静けさの質の違いが顕著に感じられた。

一言で言うのは難しいが、フェルメールは存在の静けさ、ハンマースホイは不在の静けさ、という思いがした。

f:id:kyou2:20081120114729j:image

フェルメールの作品には現実を肯定し、日常生活に喜びを見出し、豊かさを追求するような生命力が感じられる。また時代もそれを支えているように思う。

ハンマースホイの作品も現実を否定しているのではないが、日常生活が孕んでいる翳りのようなものを思い起こさずにはいられない。

作品に「そぎ落とした美しさ」を見出す反面、私にはそれが何かを大切なものを喪失したために生じたものではないか、というような不安な気持ちもわいてくる。

ハンマースホイの作品に見られる特徴として「しばしば3本足に見える家具が描かれていることがある」と何かに書いてあったが、それも彼の作品から感じられる不在や欠損感と無関係ではないだろう。ある種の偏った感覚というか、特異な精神構造の持ち主ではなかったのかと感じてしまうのだが‥‥。

f:id:kyou2:20081120114751j:image

それにしても、どうして妻の後姿ばかり描いたのだろう?

唯一だったか、こちらを向いている妻の絵は青ざめた、まるで老婆のような肖像画だった。

妻との仲が悪かったというわけではないと思うので、(悪ければこんなに繰り返し描かないだろう)どんな夫婦関係だったのか、ちょっと気になる‥‥いや、だいぶ気になるか。

ありふれた日常のワンシーンに―というより逆に家具や人物は記号のようにも思える―鑑賞者はやすやすと部屋の中へ入ることが出来る。

しかし、フェルメールの絵のようにこちらを向いて微笑む人はおらず、何をしているかさえ分からないないので、鑑賞者はしばし戸惑い、拒絶されているのを感じる。

「彼女の意味」を知るには不確かな想像に頼るしか方法は無い。

やがてハンマースホイは部屋から人物さえ取り除いてしまう。そこにはもはや何も存在せず、日常生活の痕跡があるのみにすぎない。

f:id:kyou2:20081120114853j:image

私はこの<白い扉、あるいは開いた扉>が一番好きだ。

展覧会場で、様々な角度やシチュエーションで描かれた部屋を多数見るわけだが、この作品の前に来て、ついにここまできたかという感じがして“画家は結局これが描きたかったのだな”と思った。

絵には「不在の空気」「意味のある気配」が描かれているように思う。そしてそれが色々な事を想像させるのだ。

終わった部屋なのか、始まりの部屋なのか。出て行ったのか、逃げ出したのか。それは女性だろうか、男性だろうか。ついさっきまで誰か居たのだろうか、などなど‥‥。

想像はもう彼の自宅ということは忘れている。そこに留まる必要もないだろう。

フェルメールの作品は、題材や手法など全てにおいて調和のとれた美しさがあって、円熟期はそれが完成され、絵画史の一つの頂点だと思う。

無礼な例えをすれば、それは癖の無い超優等生、誰からもかわいがられる子、のような感じがする。

一方、ハンマースホイの作品はというと、これはかなり捻くれた子、母親にとってはとても心配な子かもしれない。

でも、他の誰とも似ていない奇妙な味わいこそがハンマースホイの魅力なのだ。

一度見たら忘れがたい印象を残し、それぞれの人の心の中で物語が紡がれるような、そんな絵だった。

「ヴィルヘルム・ハンマースホイ展」

http://www.shizukanaheya.com/index.html