立ち読み

失われた時を求めて フランスコミック版 第1巻 コンブレー

『失われた時を求めて フランスコミック版』  マルセル・プルースト/著 ステファヌ・ウエ/翻案・絵 中条省平/訳 (白夜書房)

本屋さんで、気になっていた本を手に取ってみた。

プルーストの『失われた時を求めて』のコミックバージョン。

フランスでコミック化され、各国で翻訳されていて、去年日本語訳が出た。

どんなものかと、ちょっと立ち読み。

絵はシンプルできれいな感じ。ひとコマひとコマが、わりと細かく、字も小さく感じた。

それに左開きなので、私には結構読み辛かった。普通マンガとか右開きだよなぁ。

吹きだしのセリフは縦書きのもあったし、絵巻物からして右から左へ、だものね。

あまりコミックを読まないので、細かい絵と字でかなり疲れた。慣れかな?

絵が、品が良くてかわいい感じなので、原作とは別に、これはこれとして欲しい気もした。

例のマドレーヌ体験はというとこんな感じ‥‥

f:id:kyou2:20080113205134j:image

もう一つ手に取ったのは、毎年やろうかな‥‥と思って、思うだけの「家計簿」

今はパソコンとか、DSでもあるらしい。結婚してから一度もつけた事がない。

皆ちゃんとつけているのだろうな、偉いな。

平台に何種類かあって、袋を使うタイプとか、超かんたん、って書いてあるのもある。

手にとってページめくって、書き込み欄があって、収入とか、今月必ず出るものとか、あれとか、これとか‥‥

「ふう~っ」―― そろそろ帰る時間かな、っと。