楽しいひととき

地下街の雨 (集英社文庫)

『地下街の雨』 宮部みゆき (集英社文庫)

表題作を含む7篇の短編集。

小一時間で読めて、その時間は必ず楽しめる。と言った感じ。

この人の好きなところは、女流作家にありがちのドロドロがないところ。

どの短編も違った味わいがあるが、どれも胃にもたれず、時にハートに優しい。

強烈な味わいはないけれど、ハズレがないのでついつい読みたくなってしまう。

ここに収録されているのは、よくある日常で起こった滅多に無い出来事、かもしれない。

「不文律」

<埠頭から死のダイビング

一家四人車ごと海中へ 無理心中の疑い>

という出来事をめぐって、関係者の話をつないでゆく手法。ドラマを見ているような面白さだ。

所々拾ってみると

隣家の主婦・矢崎幸子の話

「わりとねえ、静かなご家族だったんですよ。上のお子さんの明ちゃんが小学校の四年生で、男の子ですからいたずら盛りでしょう?それでたまにおかあさんに叱られてることがあった程度でね、 (略)」

片瀬明の同級生・三好健司の独り言

「ポストに入れといたキョーハクジョー、おまわりさんに見られなかったかなあ・・・。ママにバレたら、すっげえ怒られちゃうもんなあ」

片瀬満男の部下・柳あゆみの同僚との会話

「(略)—ねえ、だけどさ、あんたも、係長があたしにフラレたせいで自殺したんだと思う?思わないわよね?違うわよね?それだったら一人で死ぬはずだもん。子供まで道連れなんてさ、おかしいわよね?」

ってな具合で続いていく。

著者の『長い長い殺人』(私のお気に入りの作品!)を思い出した。

10個の財布がその持ち主10人を語り継いだ異色の小説だ。刑事の財布は刑事の財布らしい語り口、少年の財布は少年の目線で、死者の財布は陰鬱に・・・

「不文律」と共通なのは人物の個性の出し方、肉付けの上手さ。なおかつそれが、ありがたいほど分りやすい。

 

不文律。・・・最強の掟。暗黙の了解。だから、それを言っちゃお終いよとか。言わぬが花とか。