江戸の闇

鳥山石燕 画図百鬼夜行全画集 (角川文庫ソフィア) 

『鳥山石燕 画図百鬼夜行全画集』 鳥山石燕 (角川文庫)

鳥山石燕は江戸の絵師、妖怪画を好んで描いた異色の画家だ。

この絵師の名前は、京極夏彦を読んだ方なら先刻ご存知。言わずもがなだけど・・。

「姑獲鳥(うぶめ)の夏」 「魍魎の匣」 「狂骨の夢」 「鉄鼠の檻」「絡新婦(じょろうぐも)の理」 「塗仏の宴」 「陰摩羅鬼(おんもらき)の瑕」

皆、この画集にのっている妖怪を題名にいただいている。

私は京極で初めて石燕を知った次第。

バラバラとめくると、なかなか趣のある妖怪ばかり。読むというより見る本、コンパクトに江戸の妖怪と親しめる。

当時の人々の妖怪変化に対する感覚がとても面白い。

自然の脅威、動物などが今よりずっと身近であったのだろう。さらに、絶対的な身分制度というのも大きな要因だと思う。

管理社会で妖怪という存在だけは、超法規的。妖怪に事寄せれれば上下関係も転覆できる。

現代の学校の怪談しかり。お化け話は、子供たちが管理社会に開けた風穴と思う。

また、夜も明るい現代と違って、本当の闇があったのだろう。家の中でさえ灯りの届かぬ隅には、何かがいそうな余地がある。家の外はいうに及ばずといったところ。

昼と夜は明確に分かれていたのだろう。ここからは危ないぞ、と言う黄昏時が逢魔時と言われたのは自然なことだと思った。

どれも面白かったが、印象に残ったものを。

[入内雀(にゅうないすずめ)]  藤原実方奥州に左遷せらる。その一念雀と化して大内に入り、台盤(だいばん)所の飯(いい)を啄(つい)ばみしとかや。是を入内雀と云。

絵は、髪も乱れた直衣姿の実方が口から、プハーと雀を吐いている図。なかなかアンニュイであります。

[震々(ぶるぶる)]  ぶるぶる又ぞゞ神とも臆病神ともいふ。人おそるゝ事あれば、身戦慄してぞつとする事あり。これ此神のえりもとに付きし也。

描かれている妖怪の線もぶるぶると震えていて、面白かった 。

妖怪は恐いけれど、生きている人間が一番恐く攻撃的だと思うこの頃だが。