アストロラーベ

f:id:kyou2:20050903191043j:image

先週「ドレスデン国立美術館展」へ行ってきた。

ドレスデンに居城を定めたザクセン選帝候のコレクション(お宝)が、眩いばかりに展示されている。富と権力と知的芸術的好奇心の賜物と言った感じ。

コレクションは、16世紀の科学計測器に始まり、次にオスマントルコ、イタリア、フランス、東アジア、オランダの絵画や工芸品、最後に19世紀のドイツ・ロマン主義絵画の7セクションになっており、コレクションが如何に多岐にわたっていたを実感できる。

最初のセクションでの科学計測器の数々やデューラーの版画(測定法教則の挿図、星図)などは、機能性と装飾性が相まってとても美しかった。

特にアストロラーベ(天体観測器)は、たしか澁澤の『滞欧日記』で“アストロラーベを買った云々・・”という事が書いてあって、ことばの響きのきれいさから、どんな物かと思っていたので偶然見ることが出来て感激だった。

天球儀、渾天儀が立体なのに対して、アストロラーベは丸い金属の平面に色々な線や模様が刻み込まれていて、正確な観測と多彩な用途があるそうだ。

別のものだけれど、アストロラーベが載っていたサイト

http://www.kahaku.go.jp/special/past/italia/ipix/b2f/7/b.html

最後のセクションはドイツ・ロマン主義絵画で、代表的なカスパー・ダーヴィッド・フリードリッヒの作品は、大自然の崇高さ、それに寄せる畏敬の念を感じる。

風景画に精神性や文学性を封じ込めた感があり、独特な静けさは魅力的だ。

f:id:kyou2:20050903202939j:image:small

フリードリッヒ「月を眺める2人の男」

見る機会のなかったドイツ・ロマン主義の絵画を、まとまった形で見ることが出来てとても興味深かった。

「ドレスデン国立美術館展」

http://www.dresden-ex.jp/

アストロラーベ” に対して1件のコメントがあります。

  1. ワイン より:

    ドレスデン国立美術館展は、今日までだったような気が・・
    気になっていたもののとうとう夏の暑さに負け、秋になり、そして行かずに終わってしまいました。(ってもう完了形になってる。)
    ルーブル美術館展などよりもずっと見ごたえがあったであろうと、だいたい予想はつきますが、やっぱりそうでした?
    フェルメールの絵もでていたようですね。それにしても、デューラーの版画があったとは!やっぱり行かないで損したかも。

    赤ん坊が鷹にわしづかみにされて連れ去られる絵、中学生のころ上野に見に行ったときも日本に来ていました。強烈な印象だったので、今でもよく覚えています。

この投稿はコメントできません。