蓼食う虫も好きずき

泰西からの手紙

『泰西からの手紙』 久世光彦 (文芸春秋)

久世氏がお気に入りの絵をあげ、その絵を核に自由で艶の文章を綴る、美術エッセイ集。

絵の好みさえ合えば、これほど楽しいものはない。

「好み」これがこの本の命とも言える。

久世氏は西洋の絵画が「泰西名画」と呼ばれていた頃の、精緻な、具象の、ひたすら美しいだけの絵画を偏愛してやまない。

・ミレイ「オフィーリア」

・コンスタンブル「干し草車」

・ウォーターハウス「シャロットの女」

・カルデロン「破られた誓い」

・レイトン「ペスセフォネの帰還」

・アルマ=タデマ「銀色のお気に入り」

・シャルダン「葡萄と柘榴」

・モンス・デジデリオ「偶像を破壊するユダ王国のアサ王」

・バーン=ジョーンズ「三人のラッパを吹き鳴らす天使」

・フラゴナール「ブランコ」

・クラムスコイ「忘れえぬ女」

もし、アナタが上記の絵にそそられたのなら、読んで面白いかも知れません。

けれど「げっ、この手の絵か」と思った方は読んでも面白くありません。

氏は、「白樺派」が間違った啓蒙をしたせいで「印象派」偏重の空気が作られ、それが今日まで尾を引いていることに憤りを隠せない。

また、モネを美しいと思うのはいいけれど、モネを美しくないと言ったら、どこかから冷たい石が飛んできそうな気配がある。とも言う。

女と、絵と、詩だけは、人に口出しされたくない。・・・・

-大袈裟かもしれないが、女と絵と詩は、信じられない奇蹟のようなものだ。私たちは、その奇蹟に巡り会うために、人生のほとんどの時間を費やして彷徨(さまよ)い歩くのである。 (P247)

なんとも、この人らしい台詞だなぁと思う。

この本でクラムスコイの「忘れえぬ女」を見て、久しぶりに思い出した。

昭和51年(1976年)の「第二回ロシア・ソビエト国宝絵画展」で初めて日本に紹介されたと書いてあるから、もう30年近くも前のことだが、私はこの人を覚えている。

漆黒の上質な衣装に包まれて、やや傲慢に見下ろす美しい女性。

日本でただ一冊のクラムスコイの伝記は、高校の数学教師であった人が、この絵の絵葉書に魅せられて書き上げたものだそうだ。

クラムスコイ 原題「見知らぬ女」http://homepage1.nifty.com/namakemono/art/kramskoy.html

蓼食う虫も好きずき” に対して1件のコメントがあります。

  1. kyou2 より:

    >弥太夫さん
    >これは虚構の女なんだろうか、
    実際に出会った女なんだろうか、
    いろいろ考え込んでしまいました。

    本には、クラムスコイは他にも女性の肖像画を描いているが、モデルの名前の分からないのはこの絵だけだと書いてありました。
    この絵のタイトルは、画家のつけたものを訳すと「見知らぬ女」としたほうがいいらしいのですが、日本に最初に来たときに、「忘れえぬ女(ひと)」と展覧会に関わった人がつけたのだそうです。
    久世氏は、名訳だと書いています。ホントにそうですね。
    ロシアでは、クラムスコイがトルストイの肖像を描いたことから、モデルはアンナ・カレーニナだとか、ロシア詩人の書いた詩の中の女だとかいわれているそうです。

    >まあなんと極端な言い方でしょう。

    ですよね。私、何かあなたに悪いことでもしたかしら、と思いましたよ(笑)

    弥太夫さんもおっしゃるとおり、素敵なコメントをもらうのは、何より嬉しいことですね。

  2. ワインちゃん より:

    この中で実物を見たことあるのはミレイの「オフィーリア」と、クラムスコイの「忘れえぬ女」の2点だけです。フラゴナールは検索したら「かんぬき」の絵が出てきましたね、「ブランコ」は多分見たこと無いと思います。
    「オフィーリア」も「忘れえぬ女」も、詩的でとても好きです。・・ということは、この本読む価値あるかも。
    私も昔むかし、「忘れえぬ女」に魅せられて、絵葉書買って部屋に飾ってありました。高校生のころかな・・あんまりむかしで思い出せない! 人が何と言おうが一枚の絵にひきつけられ、魅せられてしまったら、それはもう恋愛と同じで「私にとって大切な美」なのです。それをひとにああだこうだと批評されたくない、という気持ち、共感できますね。
    >あなたのような絵は虫酸が走る・・とはまた何という言葉!どうせしたり顔のベレー帽かなんかかぶった油絵親父のせりふでしょう。わたしなら蹴飛ばしてやるけど。

この投稿はコメントできません。